幻の漆喰®︎

- KAIKEN -

『幻の漆喰』の主原料は、有明海などの赤貝の殻。

漆喰は神話の時代から知られており、『旧約聖書』の創世記バベルの塔の項に漆喰に関する記述が残ります。

日本では、ほぼ石灰だった原始的な漆喰が古墳(高松塚古墳壁画等)などに使われているほか、多くの城郭の壁にも使用されています。


海の命が息づく

干潟で名高い有明海。『幻の漆喰』は、その豊穣な命の海に生息する赤貝の殻を焼いた焼成カルシウムに、銀杏草(海藻)を煮てつくる糊と無菌水を混ぜ合わせ、生成されます。自然素材しか使っておらず、人体にも無害で安全。

さらに独自の「光熱触媒」作用により、室内の化学物質を吸着・分解し、住まいの空気をいつまでも清浄に保ちます。

光と熱に反応するため、『幻の漆喰』は、半永久的にクリーンな空気をつくり、心地よい居住空間を保ってくれるのです。

天然の空気清浄器

『幻の漆喰』とは、言わば「天然の空気清浄器」。完全天然素材で、安全な壁材です。さらに特筆すべきは、「光熱触媒」の効果。光が当たる場所だけでなく、暗がりでも温度と反応を起こし、空気中のゴミやホコリ、臭い、化学物質や有害物質を吸着・分解します。

光と熱に反応するため、『幻の漆喰』は、半永久的にクリーンな空気をつくり、心地よい居住空間を保ってくれるのです。

光熱触媒

「光熱触媒」とは、「光や熱を吸収することで反応を促進するもの」。

 

『幻の漆喰』は光が当たると触媒として働き、空気中のゴミや有害物質を吸着・分解。この現象により、光が当たることで半永久的にクリーンな生活空間を保つことができます。+3℃以上の室温にも反応し、同様の効果が得られます。

 

空気中のホコリなども吸着・分解するので、お部屋のお掃除もとても楽になります。


光熱触媒で化学物質を吸着・分解

化学物質を吸着・分解する『幻の漆喰』が持つ光熱触媒の効果は、『ホルムアルデヒド分解試験』などさまざまなデータで実証済みです。

 『幻の漆喰』を用いた住空間では、アトピー(アトピー性皮膚炎)やアレルギーの原因のひとつといわれるホルムアルデヒドが、わずか30分で驚くべき数値に減っています。さらに、鳥インフルエンザウイルス感染価は、100万分の1に抑制する実験結果もあります。

 また、「抗菌力試験」や「室内空気汚染物質放散速度測定」などでも、『幻の漆喰』が持つ効果が実証されています。

室内の空気を半永久的に洗浄化 壁の汚れも自然に分解

◉室内の空気を半永久的にクリーンに保つ「天然の空気清浄器」で、「調湿機能」も持っています。

◉ホルムアルデヒドだけでなく、様々な化学物質・有害物質を吸着・分解。

◉光熱触媒とバクテリアの効果により、壁の汚れは自然に分解しますから、いつまでもきれいです。

※天然素材、土、泥などが付着した場合は例外的に汚れが残留してしまうこともあります。

◉マイナスイオンや各種ミネラル物質を発散。副交感神経を刺激し、

リラックス効果が得られます。

「幻の漆喰®︎」10の特徴

❶ 焼き肉などの匂いは2時間程度でほとんど感じられなくなります。
❷ タバコの煙・臭いは吸いながら分解。
❸ ペット臭がほとんど感じられず、ペットのうぶ毛はほとんど浮遊しない。
❹ 手垢がつきにくい。
❺ 綿ぼこりが発生しにくい(テレビへの埃の吸着が少ない)。
❻ アトピーの反応が緩和される。
❼ ぜんそく・鼻炎・花粉症の反応をやわらげる。
❽ 抗菌作用。※大腸菌・黄色ぶどう球菌・サルモネラ・腸炎ビブリオ(日本食品分析センター)
❾ 鳥インフルエンザウイルス感染価が100マン分の1に。
➓ 花粉症の原因物質を低減・抑制。※花粉症研究の第一人者、埼玉大学大学院 王教授と共同研究、2018年9月22日「日本花粉症学会」花粉アレルゲン低減効果発表

幻の漆喰®︎ 性能実証データ

「ホルムアルデヒド」を素早く分解

花粉アレルゲンの濃度を低減


鳥インフルエンザウイルス感染価を「100万分の1」に抑制

さまざまな品質・効果を実証

幻の漆喰®︎の施工例