現場スタッフ日々のブログ。

スタッフの日々のブログ。

イベントや建築情報を発信。 

除湿剤【炭八】の販売はこちら。ネット限定の特典もあり。

障がい者支援施設様改修工事(色の持つ精神的効果の可能性)

木造平屋建の和室1室を間取りを変えて2部屋にし、精神障がいの方2人が共同で住めるようにするリフォームのご依頼です。

施工前

施工中

間仕切り壁は少しでも横の部屋の音が聞こえないようにDAIKENの遮音パネルを張りました。

石膏ボードの裏に遮音のゴムが付いています!

 

内装下地にはピンク色が特徴の石膏ボード「ハイクリンボード」
このハイクリンボードは「シックハウス症候群」の原因となっているホルムアルデヒドを吸収し、さらに分解・低減する働きがあります!

 

施工後

<カラー診断による色が持つ精神的効果の可能性>

今回の障がい者施設様の現場のクロスやタイルの色選びでは、アトリエカロスの琴野先生にアドバイス をいただきました。
私たちのまわりにある様々な色、それぞれの色が持つ効果、組合せ方など・・・知れば知るほど興味深い世界。
 <今回の現場、お風呂場の色選び>
床のタイルがグレーと茶
浴槽は水色
壁はオレンジ系
今回、これらの色を残して窓から下の壁にタイ ルを貼ることになり、先生に相談しました。
☆ 床(グレー・茶)を土にみたて
☆ 浴槽(水色)を湖にみたて
☆ 壁(オレンジ系)を花びらの色にみたて
 ・・・結果・・・
薄い緑のタイルを選び、葉っぱにみたてることで「自然」に「自然」を感じる組合せの洗い場が完 成しました。
朝、昼、夕、夜と光や照明の加減で物の色は変化します。少しでも癒される、そんな空間になった らいいなという思いで提案させていただきました。
 

工事完成フォトギャラリー


Cookie ポリシー | サイトマップ

Copyright(c)2010 maruhama-kensetsu.
All rights reserved.