現場スタッフ日々のブログ。

スタッフの日々のブログ。

イベントや建築情報を発信。 

除湿剤【炭八】の販売はこちら。ネット限定の特典もあり。

脳梗塞で左半身麻痺になられた方(車椅子)のトイレリフォーム工事

施工前

数年前に2度の脳梗塞発症で左半身不随になり、現在車椅子生活をされています。奥様が日々介護をされています。
Kさんとの出会いは・・・
以前、他社で取り付けをされた手すりが外れる(←下地板がない所にネジを留めていたため、工事不備でした)と、担当のケアマネージャーさんから丸浜建設に相談があり、取り付け直したことから始まりました。

 

そんなご縁があり今回、下記のような工事をご希望とのことで弊社が工事をさせていただくことになりました。
・トイレの入り口が狭いので、車椅子で入れるようにしてほしい
・節水型トイレにして昇降便座を付けてほしい
・脱衣場の床の張替え

施工後

床はダイケンの床材「トイレタフ」を使用!
壁は汚れが付きにくいパネルを張り

水が飛んでも大丈夫で、拭き掃除も簡単になります。

 

昇降便座
昇降便座

手すりの高さを左右微妙に違う高さにすることで車椅子から便器へ、また便器から車椅子への移乗の際、Kさんの力が入りやすい高さの設定をしました。

これはわずか5cmの差ですが、とても大切な事です!!

 

昇降便座(リフト)が上がった状態です。これでご本人の立ち上りを補助します。

昇降時のボタンは2個で操作はとても簡単!!

呼びしベルも設置しましたので、緊急時には家族の方にすぐに知らせることができます。

 

 

トイレの数センチの敷居は撤去し段差を無くしました。

トイレ入口は横にあった約10センチの袖壁を撤去し扉の幅が広がって車椅子での進入が可能になりました!

 

脱衣場の床も張替え足元もヒンヤリ感が軽減されたのではないでしょうか。


Cookie ポリシー | サイトマップ

Copyright(c)2010 maruhama-kensetsu.
All rights reserved.