現場スタッフ日々のブログ。

スタッフの日々のブログ。

イベントや建築情報を発信。 

除湿剤【炭八】の販売はこちら。ネット限定の特典もあり。

汲み取り式から合併浄化槽での水洗トイレ介護リフォーム工事

施工前

ご依頼工事は高齢の夫婦二人暮らしで、二人共足腰が弱ってきたので介護保険を使って和式トイレから洋式トイレへ(屋内・屋外のトイレ)、段差の解消や、開き戸から引き戸へ、手すりの取り付け等の住宅改修工事です!汲み取りから水洗トイレにしました。
男性用、女性用のトイレがあり今回は真ん中の壁を取って一部屋にしました。 

合併浄化槽を埋めるのですがここの地域は補助金が出ます♪
介護保険とこの補助金の合わせ技でリフォームに対する助成金を有効活用しました。
また、他のお宅と変わっているのは外用トイレも水洗&洋式便器にリフォームしたところです。
元々外トイレの幅は90cmしか無く、洋式便器をこのまま設置すると前のスペースがありません。
そこで中トイレの壁を家側に30cm引っ込め、外トイレの壁を30cm広げました!
中トイレの壁が30cm狭くなりましたが、十分なスペースを確保できています。

施工中

手すりはご本人に高さを現場で実際に便器に座って動作をしてもらい、使いやすい位置・高さを決めて取り付けます。
※大工の独断では取り付けをしません

施工後

便器はTOTOの節水型トイレで、4.8リットルの水で流せます!!
ちなみに節水型が出る前は約3倍の水を使っていました。

手洗器は幅が35cmの前出が20cmの移動時に邪魔にならないものを設置しました。

その他に玄関、廊下、勝手口にも手すりを取り付けました。

 

 

外トイレにも手すりを取り付けました。

 

 

出入口の敷居は撤去して約4cmの段差は解消しました。

 

 

元々開き扉の高さが約180cmでしたがSさんの要望で200cmの高さの引き戸に変更しました。
(Sさんは背が高いので180cmだと頭を打ちそうだからだそうです)
トイレ内窓は光の取り入れと換気をする為に小スペースでも使えるルーバー窓を提案させてもらいました。
ハンドルを回すと窓ガラスが少しづつ開いていきます。
 
 

Cookie ポリシー | サイトマップ

Copyright(c)2010 maruhama-kensetsu.
All rights reserved.